薬剤師求人 京都

京都で薬剤師の求人を探したい

東京で大学の薬学部を出て、そのまま東京で薬剤師として働いたんですが、夫の転勤で京都へ行くことになりました。

 

薬剤師求人 京都

 

京都の薬剤師の求人情報を集めるには、東京にいてはなかなか難しいし、転職活動するにもなかなか時間が取れないのが実情です。で、知り合いとかに聞くと、インターネットの求人サイトに登録したらといいと教えてもらいました。

 

 

薬剤師専門の求人サイトでは、専任のコンサルタントが転職の相談に乗ってくれ、こちらの希望や条件面の交渉などもサポートしてくれるということです。

 

 

働く場所は変わっても、今の収入は最低限維持したいし、将来的にもキャリアアップしていきたいとも思っていたので、いろいろとコンサルタントの方に相談してみました。

 

 

そして、思っていた以上に早い時期に希望する条件のところに転職を決めることができたんです。

 

薬剤師の求人サイトはいろいろとあるので、どこがいいのかって迷う方も多いと思います。そこが、京都の薬剤師求人情報を探している方に私がお勧めする薬剤師求人サイトを紹介しますね。

 

エムスリーキャリア


京都の薬剤師の求人で、まずお勧めなのがエムスリーキャリアです。収入面、休日など条件のよい案件が多いのが強味です。また、全国にいる地域専任の薬剤師コンサルタントが、紹介先の病院、企業、薬局などをすべて事前調査し、情報収集しているため、ユーザーの転職後の満足度が高いです。豊富な非公開情報をもっているので、自宅から近い場所や、希望する仕事が見つかるまでのスピードが早いのもうれしいですよ。大手の製薬会社から地域密着の薬局まで、幅広く網羅していて、登録者の信頼度が高い求人サイトです。

 

>>エムスリーキャリアの詳細へ

薬剤師ではたらこ
「薬剤師ではたらこ」は、業界大手の上場企業ディップが運営しており、薬剤師専門の求人サイトとして、10年以上の実績があります。「薬剤師ではたらこ」の特徴は、非公開の求人情報が充実している点です。会員登録すれば、会員限定の非公開求人案件が紹介されます。また、希望の転職先が求人掲載していない場合でも求人状況を確認し、転職サポートしてくれたりとプロのコンサルタントの親身な取り組みで定評があります。コンサルタントを変えてもらいたい場合は、あんしんサポート窓口に相談もできるので、安心ですよね。

 

>>薬剤師ではたらこの詳細へ

薬キャリエージェント
薬キャリエージェントは、以前のファーマ人材バンクで、薬剤師の登録数が高い人気の求人サイトです。業界での実績も高いので、登録者の満足度も高いと定評があります。薬キャリエージェントの強味は、なんといっても、リスポンスの速さです。最短で即日にも求人情報を紹介してくれます。通勤の利便性や高収入求人など気になる案件や、非公開情報がとにかく充実しています。表面的な情報だけじゃなく、裏情報もしっかりと調査してくれるので、安心して任せられます。自分のペースで転職活動できるので、忙しい方には便利ですよ。転職のプロであるキャリアコンサルタントがしっかりとサポートしてくれます。細かい要望事項にも丁寧に対応してくれるので、安心して相談できますよ。

 

>>薬キャリエージェントの詳細へ

 

薬剤師が転職するときに

 

薬剤師が転職する時って、やっぱりタイミングってあると思います。私の知りあいに薬剤師さんでも、転職するタイミングって、すごく慎重に選んだって言ってました。

 

で、年間で、薬剤師の求人数が多い時期と少ない時期ってあるんだそうです。

 

薬剤師求人 京都

 

いちばんわかりやすいのは、7月や12月ころのボーナスの時期と9月とか3月の年度末は、退職する人が増える時期なので、それに伴って求人数も増えるわけです。

 

ということは、その時期だと良い条件での求人が出てくる可能性があるってことなんです。やっぱり求人情報数が多い方が、選択肢が増えるし、それだけいい条件も見つかるってことですよね。効率良く転職活動したいな知っておいた方が良いですよね。

 

けど、そういう時期になると当然求職者が増えるため、その分競争率も激しくなります。なので、求人数が多い時期だから必ずしもいい条件の求人がみつかるってわけでもないんですよね。常にアンテナを張っておかないとチャンスを見逃してしまうことにもなりますからね。
求人数が多いことと、自分の理想とする働き口が見つかることは必ずしもイコールではないことを頭に入れておきたいですよね。

 

あと、やっぱりやめる時って円満退職したいですよね。転職のタイミングは、仕事の内容や職場の状況で変わりますから、その点は相談するとかがいいですよね。自分のタイミングを一方的に押し付けるのも社会人としてどうかなっていうのもありますから。引き継ぎに要する時間や、人数がギリギリとかで回している職場なら、なおさらですから。迷惑がかからないように、ある程度余裕を持って転職するのがいいと思います。

 

よく1ヶ月前に言えば良いと思っている人もいるかもしれないけど、あれはあくまでも最低ラインなので、出来る限り早い方がいいと思います。残る人の気持も考えることも必要でしょうからね。円満退職にならないとあとあと尾を引きますからね。薬剤師といっても狭い業界ですから、気をつけたいところですよ。